女の子なら誰もが夢見る振袖!小さい頃から、成人の日に街を歩いている新成人に何度心を引かれたことやら。とてもきれいな髪飾り、お化粧、そして振袖。私自身も成人式には振袖で出席しました。そこで、これから振袖を考えている人にいくつかアドバイスができると思い投稿します。まず、選ぶ時期!だいたいの方がその年の夏までには前撮りを終えているので、1つ上の方が終わり次第すぐに選びに行ったほうがいいかと思います。なぜなら、好きな着物がなくなります。どのお店でも同じ着物を複数用意しているところはあまり聞かないので、早めに選んでおいて損はないと思います。一時期は黒、その次の年は赤などとその年によって色はばらつきがあると思います。なので、目立ちたいと思う方は色を他の人と被らないのを選ぶのもいいですが、それよりもデザインです。奇抜なのを選ぶと着物としてどうなのかと思われますが、昔ながらの総絞りという作りはとても目立ちますがお値段も弾みます。人生に1度しか着ることのない振袖なので慎重に選んで下さい。

次は前撮りです。前撮りをする前にインターネットなどを見て、髪型を決めておくとスムーズに流れます。最近では本を買わなくてもインターネットでセットの方法もわかりますのでおすすめです。また、前撮りの時はブックマークに入っていたけど当日にブックマークでもう一度見せないとスタイリストさんも困りますので決めた髪型は成人式が終わるまで大切に保存しておいて下さい。スタイリストさんも1日に何十人、そして今までに何百人、何千人もの人の髪をセットしてきたので、誰がどんな髪型なのかは雰囲気でしか覚えていません。スタイリストさんのためにもよろしくお願いします。

さあ、最後に当日についてです。当日は前あきのパーカーなどを着て中には肌着(キャミソール等)振袖を着たときに襟元から見えないものでないといけません。これが振袖の着方で1番大変なところです。古くからの着物なので中にブラジャーを付けたまま着るわけでもないので、肌着は必ず前日までに購入しておいてください。私は、肌着を着て行きましたが襟元から見えてしまうということで後ろ前を反対にして着ました。そうすることで、Vネックが後ろにきて襟元から肌着が見えなくなりました。なので、事前に和服を販売しているところに行き、肌着について聞いておくのが失敗しないためのベストな策かもしれません。女性の方はよく考えて見て下さい。