振袖って普段あまり着ませんよね?大抵の人が振袖は成人式に着ると思います。うちは両親が私が女の子だし、一生物だからと近所の知り合いの呉服屋さんに相談して、なんと京都まで着物ツアーをしてまで探しに行ってしまいました。その当事の私は着物がどんな物がいいかとか何かこだわりがあるかというと、実は何がいいのかどんなのが自分に合うのかわからない子供でした。でも両親があまりにも熱心なのでその熱心さに負けて、私は学校があり行けなかったのですが、両親が振袖ツアーに行きました。その時は泊まりがけで行ったのですが、そんなに力を入れてるのだからと任せてしまいました。

結局両親もそれにかこつけて京都旅行に行きたかったというのもあったとは思うのですが、帰って来てしばらくしてから買った着物がうちに来ました、古典柄の綺麗な金やオレンジや赤の模様が入った黒地の着物でした。本当に見事な着物でした。古典柄だと飽きないだろうしいつでも着れるからという親の勧めだったのですが、私はとても個性的で素敵だと思いました。その当時も成人式用の着物はレンタルであったのですが、正直簡単にレンタルできるような着物とはちょっと違って高価な気がしました。実際成人式の時に私と同じような着物の人を1人も見かけませんでした。なんか誇らしげな気分になってしまいました。個性的でかつ古典的な柄だったので、正直ありがたいなと思いました。その後も兄の結婚式など色々な場面で着させてもらいましたが、地が黒いので悪目立ちもしませんし、品もあり、本当によかったと思います。

結婚してからはその着物は他の人に貸したりして着てもらったりしています。振袖はそのままでいいと思い、結婚した後も自分仕様にはしていません。姪が今中学生なのでもし気に入ったら成人式に着てもらってもいいですし、娘が気に入ったら着てもいいかもしれません。着物は保存をちゃんとしていれば何年でも着ることができます。非常に持ちがいいので昔の人はたぶん着物はそういう風に作ったんだろうなと思います。丈夫である事が第一と思ったのでしょうね。実際着物を織るのはとても時間がかかりますよね。デザインもそうですが、職人さんが作ってくれた物でしたのでとても高かったと記憶しています。今の主流の振袖はどんな風に作られているのでしょうか?振袖を洋服にアレンジしたりしてしまえるほど昔から振袖は残っている場合がありますよね?おばあちゃんの代のものをアレンジして洋服にしたなんて話をテレビで見ました。着物の生地って丈夫なんですね。