年末という季節にはいろいろな行事がありますが日本人ならではの風習に七五三というものがあります。女の子なら3才と7才で男の子は5才のときに着物やはかまを履いて、神社へお参りへいき祈祷してもらうというのが慣わしとなっています。現在ではあまり年齢も気にしないことが多く、兄弟で七五三となる年齢の子供がいるときには一緒にするというケースも多くなってきました。そしてなんといっても七五三に着る衣装の幅広さが増えたことで、いろいろな衣装を着せて記念写真を撮影するのが一般的となりました。写真撮影のできるところでは撮影用の衣装とお参りにお出かけするとき用の衣装があり、それぞれ何十着とある中から自分の好きな衣装を選ぶことができます。その写真撮影ができるところにはカワイイ振袖情報がたくさんあり、有名ブランドの振袖やタレントがデザインした振袖というのも借りることも可能です。

そのような振袖は今までにはなかったようなリボンやハートなど女の子が好きなプリントがされたものや、チェック柄や水玉柄といった洋服のような柄がデザインされているのです。振袖の色というのも主流だった赤だけではなくピンクや黄色、水色など大変カラフルな子供に似合う可愛らしい色から選ぶこともできます。小物というのも凝っているものが多く扇子にフリルがついていたり、帯もシフォン素材のふわふわとしたものでより華やかに仕上げるのです。帯につける飾りというのもラインストーンやきらきらしたアクセサリーをつけるのが、現代のおしゃれな女の子の流行になっています。そんな華やかで可愛い衣装にはヘアスタイルも現代風にアレンジするのが、今の七五三の常識になっているようです。

昔のように日本髪を結うヘアスタイルというのはなかなか見る機会が少なくなってしまったものの、日本髪を現代風にした艶やかなアレンジは残っています。洋装のドレスを着たときにするようなアップスタイルでふわふわにするアレンジで、サイドに大き目のリボンやお花などのヘアアクセサリーをつけるのが人気です。そのほかにもチークや口紅などのメイクもしてくれたりするので、女の子であれば誰もが喜ぶようなことをしてくれる夢のような日となるでしょう。可愛い和装や洋装の衣装を数着着てヘアメイクもしてもらい、モデルさんのように写真撮影をしてくれるなんて今の時代の子供たちは、なんて恵まれた環境にいるのだろうとうらやましくなる親も多いのです。